私のアゴ削り体験談

アゴが悪く目立つ

アゴ削り顎形成

アゴが悪く目立つ | どうにもならない骨格の問題 | 美容外科手術を受ける決断

私は子供の頃から、顎のラインが気になっていました。
両親に似たのかと思いますが父親も母親も私のような悩みに直面するような特徴を持っているわけでもないように思えます。
もちろん家族なので必ずしも客観的に公平に観察できるものでもありませんが、若い頃のアルバムなどを見たこともありますが、私のようにアゴが目立つようには見えません。
気にしすぎと言う人もいますが、他人のことなので気楽に口にするのだと、正直腹立たしい思いを長年抱いてきました。
特に骨格の成長が盛んになる思春期頃、中学生の年齢に差し掛かると身体の成長は当然と言えますが、アゴも悪い意味で成長してしまった様子です。
学生時代には顔の容姿のことをいじられたことも、よくありました。
自分では正面の姿を確認できるだけなので、本当のところ他人の目にはどのように写っているのかは正確に分かるというわけでもないのです。
男性ならすこしアゴが目立っても、一種の逞しさを与えるものだけでさほど問題視されないのかもしれません。
当然本人の中でもさほど気にならないのかもしれませんが、正直なところ女に生まれてアゴが悪く目立つのはたまったものではないのです。

アゴ削りですっきりした顔になった

小さい頃からアゴが角張っていて、体は細くても太っている印象を持たれていました。また大人になるにつれて角張ったアゴは目立ってくるようになり、化粧では誤魔化すことができない状態にまでなっていたのでアゴ削りの整形を利用することにしました。アゴの角張った部分であるため整形手術の時間はそこまでかからないと聞いていましたし、麻酔を打たれるため手術中に痛みを感じることなく終わらせられると言われていたので考えるよりも先に行動を起こしました。クリニックでは簡単な問診と手続き、内容確認などを行っていくことで手術の日程が決まりましたし、手術も聞いていた通り問題なく終わらせることができました。それからは傷を治すことに専念していたのですが、痛み止めがあれば問題ない程度でしたし、時間が経つにつれて痛みが減っていくのもわかりました。化膿しないように傷はしっかりとカバーしていましたし、会社で相手の目がいかないようにマスクの着用もしていたため気づかれることなく仕事に専念できました。傷がなくなり、顎の違和感もなくなった頃にはすっきりとした顎が確認でき、鏡を見るたびに嬉しくなっています。今では顎を隠さず堂々と生活できているため毎日が楽しく感じます。